ときめく神もうで キキタビ 恋して、愛して、ぽろり涙もこぼれてた、神さまたちのものがたり。もっともっと知りたくて、これから鳥居をくぐります。

鳥居

古事記の「記」、日本書紀の「紀」を合わせて、「記紀(キキ)」と呼びます。
「キキタビ」とは、「記紀」の物語と共に、宮崎県を巡る旅。
「記紀」に登場する神さまの姿はいつの時代にも通じるものがあるからこそ
大切に受け継がれてきたのかもしれません。
そんな神さまの物語と一緒に宮崎を旅してみませんか?
期間中は下記の神社にて各神社ゆかりの物語の御朱印をいただくことができます。

キキタビ(記紀旅)記念御朱印授与期間

限定御朱印帳とキキタビサコッシュを持ってキキタビへ参加しませんか?

宮崎県内の宿泊施設や各旅行会社が実施するキキタビ関連プランやツアーに参加すると、
キキタビのお供にぴったりの限定御朱印帳とキキタビサコッシュを、数量限定でプレゼントします。

キキタビサコッシュ
キキタビサコッシュ

サコッシュの色は3色を展開予定。
御朱印帳とお財布、スマートフォンなどが入るサイズです。

ノベルティがもらえる対象のプランやツアーは下記をご覧ください。

※参加条件等がある場合があります。各販売ページ等をご確認ください。

天神地祗編

古事記・日本書紀 在りし日の心を未来につなぐ

古事記の「記」、日本書紀の「紀」を合わせて「記紀(キキ)」と呼びます。
記紀は約1300年前の奈良時代に天武天皇の命令で作成され、日本書紀より8年早く完成した古事記は、現存する日本最古の歴史書とされます。
完成までに要した年数や全体のボリュームなどいくつか異なる点はあるものの、どちらも神話の時代では天地開闢に始まって、神々の誕生や天孫降臨など共通した物語が取り上げられています。
必死に国をつくり、いきいきと夢を追い、大切な家族を守る神さまたちの姿。いつの時代にも通じるものがあるからこそ、記紀は大切に受け継がれてきたのかもしれません。

恋々秘話編

神さまたちの世界では、ちょっとしたもめ事はあっても、すぐにみんなニコニコ。
でも地上では、小さな争いでも大きな戦いを招いてしまうことがあります。
戦いから生まれたお話がいくつか宮崎に伝えられてきました。戦いから生まれるのは哀しみだけとは限りません。
希望の種も宿すのでしょう。その種は宮崎の土地で、温かな物語となって芽吹きました。

神社の参拝方法はコチラ
えま・えり

えま・えり

京都出身の双子モデル。
ファッション誌を中心にその活動の幅を広げ、映画の主演や、TVCMにも起用される。趣味をいかしたWEB連載など情報発信も注目され、フォロワーも増加している。

谷奥 えま@ematanioku

谷奥 えり@eritanitani

えま・えりのキキタビ
えま・えりのキキタビ Photo Book