鳥居

宮崎県ではじめて開催される国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭では、
「山の幸 海の幸 いざ神話の源流へ」をキャッチフレーズに、
多種多彩な文化プログラムを展開します。

また宮崎県ではこれまで「記紀(古事記・日本書紀)編さん1300年記念事業」として、官民一体となって、
県内に伝わる記紀神話の魅力を発信してきました。

県内各地で記紀・神話・神楽にまつわるプログラムが多く開催される
この機会に、宮崎で “神話の源流” を体感してみませんか。
不思議で、素敵な出会いが、あなたを待っています。

記紀旅記念御朱印
天神地祗編
天神地祗編の物語
恋々秘話編
恋々秘話編の物語
神話巡りのおともに、コレ!
神社の参拝方法はコチラ キャンペーン情報・配布情報はコチラ

※御朱印は参拝した証明としていただくものです。
スタンプラリーではありません。
※常駐していない神社ではいただけないこともあります。あらかじめご了承ください。

天神地祗編

古事記・日本書紀 在りし日の心を未来につなぐ

古事記の「記」、日本書紀の「紀」を合わせて
「記紀」(キキ)と呼びます。

古事記は、今から約1300年前の奈良時代に編さんされた、現存する日本最古の歴史書です。
「国生み」「天孫降臨」などの神話にはじまり、神武天皇から第三十三代推古天皇までの事績が記されています。日本書紀も今から1300年前に編さんされ、神話から日本国成立までの歴史を記しています。

宮崎県では、古事記の編さんから1300年にあたる平成24年から、日本書紀編さん1300年にあたる令和2年までの間、「記紀編さん1300年記念事業」として、官民一体となって記紀・神話・神楽の魅力を発信してきました。
今年はその集大成として「国文祭・芸文祭みやざき 2020 」が開催されます。

恋々秘話編

神さまたちの世界では、ちょっとしたもめ事はあっても、すぐにみんなニコニコ。
でも地上では、小さな争いでも大きな戦いを招いてしまうことがあります。
戦いから生まれたお話がいくつか宮崎に伝えられてきました。戦いから生まれるのは哀しみだけとは限りません。
希望の種も宿すのでしょう。その種は宮崎の土地で、温かな物語となって芽吹きました。

えま・えり

えま・えり

京都出身の双子モデル。
ファッション誌を中心にその活動の幅を広げ、映画の主演や、TVCMにも起用される。趣味をいかしたWEB連載など情報発信も注目され、フォロワーも増加している。

谷奥 えま@ematanioku

谷奥 えり@eritanitani

えま・えりのキキタビ
えま・えりのキキタビ Photo Book